タガメがいない理由はなぜ?生息地(どこに居る)や天敵の存在が気になる!

この記事は4分で読めます




Sponsored Link


人気俳優の香川照之さんが出演している
「香川照之の昆虫すごいぜ!」シリーズ
(現在2回放送)がありますが、2017年8月
「夏休み特別版」が放送決定しました!

 

「特別編~出動!タガメ捜査一課~」にて、
香川照之さんがとある地方の水辺に捜査に
向かい、長年恋い焦がれたタガメとの再会を
果たすことができるのか?・・・と言った
内容で放送されますよ~

 

※「香川照之の昆虫すごいぜ!」夏休み
 特別編(~出動!タガメ捜査一課~)の
 放送日や、放送時間などについては、
 本文末の関連記事で紹介しています♪

 

そもそもタガメってどんな昆虫か分からない
方もいらっしゃるかと思いますが、現在は、
なかなか出会える機会が少ないみたいです

 

なぜ、タガメがそんなにいないのか、
理由が気になります

※出典:@Teru_1339

 

一体どこに居るのか、タガメの生息地や、
天敵の存在はどうなのか、自分も知りたく
なたので、調べてまとめてみましたよ~

Sponsored Link


タガメはどんな昆虫?

※出典:http://stat001.ameba.jp/user_images/20090729/01/kaichyo2005/03/41/j/o0480060010222300992.jpg

 

タガメとは「田鼈、水爬虫」のことで、
カメムシ目、コオイムシ科に分類される
昆虫の一種ですよ~

※出典:@Meteor_punch

 

また、日本最大の水生昆虫で、日本最大の
カメムシでもあります

 

なお、背中に高野聖が笈(おい)を負った様な
斑点がある為、「高野聖」とも呼ばれてます

 

成虫の体長は「50-65mm」、雌の方が大型で、
雄の60mm以上に達するものは稀であります

 

以前は、食用に用いる地方もありましたが、
現在は、絶滅が心配されている昆虫となって
いますよ~

 

タガメがいない理由はなぜ?

タガメは水田や水草が豊富な止水域に生息し
昔は「ナミゲンゴロウ」と並んで、
田んぼを代表する昆虫でした

 

しかし、農薬の普及や、護岸等の環境破壊に
よって、近年はその数を急激に減らしてます

 

そのため、「絶滅危惧II類(VU)」(環境省
レッドリスト)に分類されていますよ~
なお、都府県によっては、「絶滅危惧I類」
もしくは既に「絶滅種」に指定をしている
自治体もあります

 

中でも、BHP、ピレスロイド系の農薬は、
一度の使用でタガメの復活を困難にして
しまうと言われてますよ~

 

タガメの生息地(どこに居る)?

タガメはどこに居るのか調べたところ、
生息地は北海道を除く日本全土に分布に
していますが、局所的です

 

また、国外以外にも、台湾、朝鮮半島、
中国に分布しているそうです

 

なお、中国では漢方薬の原料として
用いられる他に、国内では佃煮に
されていた地方もあるそうです

※出典:@katochanpet_ok

 

現在の生息地については、山間部の池や
田んぼに、ほぼ限られているそうです

 

きれいな水質と餌が豊富な環境でないと、
生息が難しいため、水辺の自然度を測る
時の指標になる種とも言える貴重な存在
ですよ~

 

タガメの天敵の存在は?

タガメの天敵について調べたところ、サギ
などの鳥類であることが分かりました

 

タガメは、カブトムシ等と同様、純自然的な
環境ではなくて、むしろ、人の手の加わった
里山で繁栄してきた昆虫として知られてます

 

タガメにとっては、自然の河川や湖沼は、
流速や水深が過剰であるため、獲物となる
大きさの水生小動物も相対的に少ないから、
人工的な水域である水田、堀上、用水路等に
好んで最も生息しますよ~

 

タガメの酒類(近縁種)は?

タガメの近緑種は、世界に20種類以上
確認されていますよ~

 

どの酒類についても、現地での水生昆虫の
王者と呼べる存在として君臨しています

 

日本産と比較すると、身体が大きくても、
前肢がやや小さい種類が多いのが特徴です

 

以下に、ウィキペディアで紹介されていた
タガメの近縁種を特徴を添えて紹介します

 

◆ナンベイオオタガメ

・南アメリカに分布

・世界最大の水生昆虫且つ半翅目最大の種

・体長は100mm以上にも達する

 

◆ナンベイタガメ

・南アメリカに生息

・大型種で90mm内外

・身体の大きさに比べ、やや細身の体型

 

◆アメリカタガメ

・アメリカに住む

・80mmほど

・タイワンタガメに似た形状

 

◆フロリダタガメ

・フロリダに生息

・アメリカタガメよりやや小さい

・細身で70mmほど

 

◆メキシコタガメ

・メキシコに生息

・体長45mm内外

・日本産タガメより小型

 

◆オーストラリアタガメ

・オーストラリアに北部に生息

・止水域を住処とする

・体長60mm

・日本のタガメと同じ位の大きさ

 

◆タイワンタガメ

・東南アジアに分布

・日本でも沖縄県八重山諸島与那国島に生息

・日本本島のタガメより大型

・90mm近くになる

 

◆アフリカタガメ

・アフリカのケニアやナイロビに分布

・タイワンタガメと同じくらいのサイズ

 

タガメのまとめ

※出典:https://kotobank.jp/image/dictionary/nipponica/media/00142884000301.jpg

 

・タガメは「田鼈、水爬虫」

 

・「カメムシ目、コオイムシ科」に分類

 

・日本最大の水生昆虫

 

・日本最大のカメムシ

 

・「高野聖」とも呼ばれる

 

・成虫の体長は「50-65mm」

 

・雌の方が大型で雄の「60mm以上」

 

・水田や水草が豊富な止水域に生息

 

・「絶滅危惧II類(VU)」に分類

 

・都府県により「絶滅危惧I類」もしくは
 既に「絶滅種」に指定の自治体もある

 

・天敵は「サギなどの鳥類」

 

・近緑種は世界に20種類以上

 

以上、タガメがいない理由はなぜか、
どこに居るのか、生息地や天敵等を
紹介しました(*^▽^*)

最後まで読んで頂きありがとうございます♪

 

※タガメ関連記事※
⇒昆虫すごいぜ(夏休み特別版)の放送日と時間は?タガメの虫番組が気になる!

 

 

 

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ