高田純次の年齢や身長や血液型は?若い頃や演技力とキャラを調べたよ!

この記事は6分で読めます




Sponsored Link


最近、テレビを観ていると、高田純次さんを
目にすることがよくあります

以前はテレビでの露出が減っていた気が
しますが、現在は再ブレイクと思うくらい
頻繁に色んな番組に出演をしている
気がします

 

高田純次さんに関しては、キャラが被る人が
いないので(誰も真似できないw)、各方面で
需要がありそうですもんね~

 

ふと、高田純次さんについて考えた時に、
年齢や、身長や、血液型などは
どうなんだろうと思いました

 

また、若い頃や、俳優としての演技力や、
個性が強すぎるキャラについて、あらためて
深堀して調べてみましたので、シェアします

Sponsored Link


年齢は?

高田純次さんの現在の年齢は「70才」です♪

 

生年月日は「1947年1月21日」ですよ~

 

テレビで観ている感じ、実際の年齢よりも
若く見えますね~

 

とても、「70才」の年齢には見えませんw

 

身長は?

高田純次さんの身長は「175cm」ですよ~

 

「70才」の年齢で「175cm」の身長は、
一般的に見ると、高身長ですね~

 

血液型は?

高田純次さんの血液型は「O型」ですよ~

 

血液型占いや、一般的な「O型」の印象は、
「大雑把」なイメージが強いですが、
高田純次さんの血液型を知ると、
不思議と納得してしまいます(笑)

 

また、血液型が「O型」の人は、兄貴肌で
太っ腹な印象もありますね~

 

幼少時代~学生時代(若い頃)

高田純次さんの幼少時代は、4才の時に
母親が32才で病死しています

 

その後、東京ガス勤務していた父親と、
再婚相手のいる家庭で育ちます

 

出身中学は「調布市立第三中学校」で、
出身高校は「東京都立府中高等学校」
卒業しました

 

子供の頃は近所の人たちから神童と呼ばれて
いたと言われ、中学時代までは成績は
トップクラスであったという

 

高校時代のあだ名は「国領のニワトリ」

 

都立府中高校に在籍していたため1968年に
起きた三億円事件の容疑者として名前が
上がったことがある(事件とは無関係)

 

東京ガスや弁護士などを志し、現役で
明治大学、青山学院大学、法政大学、
中央大学を受けましたが、結果は全て
不合格

 

一浪した後は、東京藝術大学、武蔵野美術
大学、多摩美術大学、日本大学芸術学部等の
美大系や、成城大学を受験しますがいずれも
結果は不合格

 

その後、東京デザイナー学院グラフィック
デザイン科へ進学

 

学生時代から、ポスターその他広告媒体を
デザイン・制作するアルバイトに励みます

 

就職・結婚・劇団時代(若い頃)

1971年、自由劇場の舞台を見て俳優を志願

 

同劇団に入団し研究生となるが、1年で退団

 

退団後、イッセー尾形さんとともに
劇団「うでくらべ」を結成しますが、
半年ほどで解散

 

その後、結婚しましたが、劇団の収入では
生活できないこともあり、26歳の時に
宝石販売会社「トキモト」に入社

 

また、1977年に「劇団東京乾電池」に入団

 

サラリーマン生活を捨てた後には、
再び劇団の世界へ入ったものの、
当初は全く売れない時代が続く

 

妻子を養うために「警察に捕まるような
こと以外の職は、一通りやった」と、
本人は語ってます

 

テレビデビュー(若い頃)

テレビデビューは32歳の時に訪れます

 

俳優としての出演ではなく、
「笑点」でコントを披露

 

その後は、「笑ってる場合ですよ!」に
同劇団の綾田俊樹さん、ベンガルさんらと
一緒に出演

 

番組内コーナー「日刊乾電池ニュース」で
土用波三助と称して出演し知名度を上げる

 

劇団を離れた後は、主にテレビ番組に出演し
活動の場を移す

 

1985年1月、37歳でテレビドラマ
「毎度おさわがせします」 出演

 

1988年に出演した中外製薬(現在はライオン)
「グロンサン」のCMが話題になる

 

CMキャッチコピー「5時から男」は、新語・
流行語大賞の「流行語部門・大衆賞」を受賞

 

1990年代には、「象印クイズヒントでピント」
「クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!」、
「純次ダンス」が人気を博す

 

「マジカル頭脳パワー!!」など多くの
クイズ番組に解答者として出演

 

「どうぶつ奇想天外!」においてレギュラー
解答者として1993年10月の放送開始から
2008年秋までの長きに渡って出演

 

東海地区(中京テレビ)で活躍

1994年からは中京テレビにて東海地区
グルメ情報番組「PS」の司会を務め、
同番組は現在でも長寿番組として
人気を博している

 

東海地区では、中京テレビの多くの特番に
出演するなど、長年懇ろな間柄

 

2000年代に入り、還暦を過ぎた今でも
その特異なキャラクターでバラエティ、
ドラマなど数多くのテレビ番組で活躍し、
コアな人気を博しています

 

演技力は?

俳優として映画・ドラマへの出演もしており
主人公の父親・夫役などで重要な役柄を
演じることも多くなっている

 

それも非常にシリアスなストーリー・役柄が
多く、バラエティ時とは全く正反対の顔を
披露している

 

例えば、西村京太郎トラベルミステリーでの
亀井刑事役やプレイステーションのゲーム
「ユーラシアエクスプレス殺人事件」での
終始真面目な列車車掌役(重要な役)を演じる

 

キャラは?

本業は俳優だが、コメディアンとしての
側面が強い

 

各方面からは、以下のように称されてます
・「平成の無責任男」
・「芸能界一いい加減な男」
・「元祖テキトー男」

 

バラエティ番組では、「何も考えていない
ような」その芸風で共演するタレント達を
戸惑わせます
かなり露骨なことを男女問わず共演者に
言ったり、ナンパの際にもダンディな
口調で暗にアタックする

 

自らも体を張って奇抜な格好をしたり、
下着を脱ぐなどその年齢と芸歴を
ものともしない大胆な行動も得意

 

広げた右手の親指をおでこの前に持っていき
左手は後ろに伸ばし、右の手のひらを
「ヒラヒラ」させながら、ロデオの
馬のように激しく足をバタバタさせて
くるくる回る「純次ダンス」が得意技

 

他、前かがみになり両手を前に出して手指を
ヒラヒラさせピコピコと後進する場面も多い

 

渡辺正行さん、はこの行動に関して「あれは
喜びを表現しております」と、解説している

 

番組収録中に意味もなく脱ぐことでも
有名だが、ほぼお蔵入りになる

 

ひとしきりしゃべった後、他の出演者と全く
絡まずにボーッとしていることがあり、
この状態を「高田電池切れ」と言う

 

このために「充電」と称して、収録中で
あるにもかかわらずスタジオを退室して
しまうことがある

 

「踊る!さんま御殿!!」や「うたばん」で、
電池切れになって本番中に寝ていた事がある

 

さらに、「快傑熟女!心配ご無用」では、
パネラーの激しいやりとりの最中に
立ったまま居眠りをしていたところを
和田アキ子さんに突っ込まれています

 

トーク・バラエティ番組の冒頭場面
(いわゆるつかみ・フリの部分)で唐突に
話し始め、番組進行を脱線させる

 

明石家さんまさんは「純ちゃんの話は
足踏みトークなんですよ」と評している

 

しかし、さんま自身もこの類いのネタを
高田に期待している部分もある

 

一方で「金子柱憲・高田純次ゴルフの王道」
の収録では終始真面目にゴルフをしており、
エンディングのトークコーナーでも
余計なことは言わない

 

共演者と全く絡まずに、ボーッとしている
こともある

 

また、還暦を迎えてもなおダンディかつ
エレガントな印象を与える容姿から、
外見だけは女性からの受けもよい

 

芸能プロダクションの経営者でもある

 

一時所属タレントであった麻木久仁子さんに
よると、普段はテレビに出ているのと変わら
ないが、年に1回のギャラ交渉の時だけは、
一切冗談も言わず、目も笑っていないと語る

 

「多摩川」が本人のパワースポットであり、
少年期に遊んだ経験から、人生を見つめ直す
今日を語るにあたり「多摩川べりへ行って」
などと述懐することが多い

 

尊敬する人物は高田純次さんが出演していた
「どうぶつ奇想天外!」の司会者である
みのもんたさん

 

理由については、高田純次さん曰く「飲みに
行くと必ず奢ってくれるから」とコメント

 

高田純次さんの交友関係で、
みのもんたさんの名前が
よく出ることから、お互いに
最高の友人と認め合っている

 

横尾忠則さんを「神」と崇めて尊敬している

 

近年では「キタムラ」のメンズバッグの
ロゴマークデザインを依頼されるなど、
芸術面に関する造詣の深さを変わらず
持ち続けている一面も見せている

 

口癖は、
・「〜ですよね」
・「いや意外と」
・「だって〜だから」
・「すっとこどっこい」
・「グフッ」
・「とんちんかん」
・「あらオシャレだねぇ」
など

 

高田純次さんと同世代から
20代にかけての男性達には
・「高田さんみたいな生き方に憧れる」
・「高田さんみたいに歳をとれたら最高だ」
と言われることが多い

 

「単に奇抜な格好をしたり適当なことを
言っているだけの人」とは思われていない
人柄、幅広い人々から愛される生き方を
するタイプである

 

1970年代に、当時高校生の小川菜摘さんを
ナンパしたことがある

 

過去にたまたまナンパした相手が
娘の同級生だったことがある

 

企業の宴会に呼ばれた時、異常な
盛り上がり方をしていた宴会を見て
「俺、やることないから後は適当に…」と
宴会の幹事に告げ、営業を適当に済ませた
ことがある

 

家族とは?

夫人との間に二女がおり、1983年には
「花王」や「エバラ焼肉のたれ」のCMに
一家揃って出演したことがある

 

長女は「TAGE」(タージュ)のデザイナー、
次女はアルバイトをしながら美術活動
(銅版画作家)をしていると話している

 

車が好き?

現在はアストンマーティン・DB9を所有

 

フォルクスワーゲン・トゥアレグW12に
乗っているとも話している

 

「時速800kmで衝突した」と話しています

 

ダイヤモンド鑑定士の資格を持つ

 

そのためダイヤモンドなどの宝石の価値、
デザイン、原価・販売価格に関して
「高田節」を交えつつ話し、バラエティ
番組などでは、その技術力に対し一定の
評価を得ることもある

 

まとめ

少し長~い文章になってはしまいましたが、
高田純次さんの年齢は「70才」、身長は
「175cm」、血液型は「O型」でした

 

子供の頃は「神童」と言われ、幼少から
中学時代までの成績は「トップクラス」、
高校時代のあだ名は「国領のニワトリ」。

 

出身中学は「調布市立第三中学校」で、
出身高校は「東京都立府中高等学校」

 

高校卒業後は一浪し、東京デザイナー学院
グラフィックデザイン科へ進学

 

自由劇場に研究生として入団し1年で退団

 

劇団「うでくらべ」を結成し半年で解散

 

26歳の時に宝石販売会社「トキモト」入社

 

1977年に「劇団東京乾電池」に入団

 

32歳の時に「笑点」でテレビデビュー

 

以上、高田純次さんの年齢や、身長や、
血液型や、若い頃や、演技力や、
キャラについて紹介しました♪
(*´ω`*)

 

最後まで読んで頂きありがとうございます♪

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ