野田数の読み方や年齢は?大学と経歴やどんな人か都民ファースト代表を調べてみたよ!

この記事は4分で読めます




Sponsored Link


東京都議選の投開票から一夜明けた
2017年7月3日、大躍進を遂げた地域政党
「都民ファーストの会」代表を退いた
小池百合子都知事。

 

代表交代については、幹事長で元代表だった
「野田数」氏が、党のルールにのっとり、
再び「都民ファーストの会」の代表に就任

野田数氏については、名前の読み方は何か、
年齢や出身大学や、これまでの経歴と、
どんな人なのか、まとめてみました!

Sponsored Link


読み方は?

野田数さんの苗字は普通に読めますが、
名前の読み方が分からない方が多いと
勝手に思っています(自分が読み方が
分からなかったのでw)

 

野田さんの名前の読み方は
「数(かずき)」ですよ~

 

年齢は?

野田数さんの見た目は、30代後半から
40代前半のイメージがありますが、
年齢が何歳か気になりますね~

 

ウィキペディアで調べてみたところ、
現在(2017年7月4日)の年齢は
「43才」ですよ~

 

生年月日は、「1973年8月27日」です

 

出身地と大学は?

野田数さんの出身地は、
「東京都東村山市」ですよ~

 

また、出身大学「早稲田大学」で、
「教育学部」を1997年に卒業しています

 

経歴は?

野田数さんの経歴については、
ウィキペディアの情報を元に、
見やすく分かりやすく以下に
まとめてみました

 

1997年に「早稲田大学教育学部」を
卒業後、「東京書籍」に入社します

 

が、1カ月で退職しています

 

わずか1カ月で退職とは、一体
何があったのか気になりますね

 

その後、2000年~2001年まで、
当時は保守党の衆議院議員だった
「小池百合子」さんの秘書を
務めていますよ~

 

2000年、第42回衆議院議員総選挙に
兵庫7区で保守公認で立候補しましたが、
社会民主党党首の「土井たか子」さんに
破れ落選しました

 

3年後の2003年に、東村山市議会議員選挙に
立候補して、初当選を果たします

 

2007年、東村山市議再選を果たします

 

2009年、東村山市議を任期途中で辞職します

 

東京都議会議員選挙に北多摩第一選挙区から
立候補して当選します

 

また、東村山市議時代から自由民主党に
所属していましたが、2012年5月に離党

 

地域政党である「東京維新の会」を
立ち上げます

 

同年には、都議会尖閣調査団を結成します

 

6月26日~27日にかけて、尖閣海域の
漁業活動や、洋上視察を実施しました

 

なお、2012年11月、東京都議会議員を辞職

 

2012年12月、第46回衆議院議員総選挙に
日本維新の会公認で東京20区から立候補

 

しかし、自民党元職の木原誠二氏、民主党
前職の加藤公一氏に敗れます

 

重複立候補していた比例東京ブロックでの
復活もならずに落選

 

翌年2013年の東京都議会議員選挙にも、
日本維新の会公認で立候補したが落選

 

その後、アントニオ猪木参議院議員の
政策担当秘書を務めます

 

また、都議在職中の2010年からは、
「政治評論家」「教育評論家」等の
肩書を自称して執筆活動を開始します

 

雑誌では、「正論」「WiLL」「SAPIO」
「プレジデント」「週刊文春」「週刊新潮」
等の雑誌に寄稿していました

 

そして、2016年の東京都知事選挙では、
かって秘書を務めた小池百合子さんの
選挙対策本部責任者を務めます

 

2016年8月3日、小池百合子さんの東京都知事
就任により、政策担当の特別秘書に任命され
ました

 

2017年1月23日には、小池都知事を支持する
議員による地域政党として成立された
都民ファーストの会の代表に就任します

 

2017年6月1日、小池都知事が正式に
都民ファーストの会の代表に就任

 

そのため、代表を退任しましたが、2017年
7月3日、小池都知事の代表辞任に伴って
都民ファーストの会の代表に復帰します

 

野田数さんは以前、小池百合子さんが
「実質的なリーダー。地ならしが私の役目」
「名ばかりの代表兼幹事長みたいな動き」
あるとしていますよ~

 

どんな人?

野田数さんのプロフィールをまとめると、
「東京都東村山市」出身で、出身大学は
「早稲田大学教育学部」

 

前職では、
・東京書籍従業員
・小池百合子衆議院議員秘書
・アントニオ猪木参議院議員政策担当秘書

 

現職では、
・東京都知事特別秘書
・都民ファーストの会代表

 

所属政党は、
・保守党⇒
・自由民主党⇒
・東京維新の会⇒
・日本維新の会⇒
・無所属⇒
・都民ファーストの会

 

日本の政治家として、
・東京都知事特別秘書(政策担当)
・東京都議会議員(1期)
・東京都議会議員(2期)
・都民ファーストの会代表
等を務めていますよ~

 

また、新しい歴史教科書をつくる会から
分かれて発足した日本教育再生機関の
常任理事を務めています

 

これまでの、政策・主張としては、
東京維新の会時代の2012年10月に、
日本国憲法無効論に基づく
大日本帝国憲法復活請願を
東京都議会に提出しました

 

その中では、「我が国の独立が奪われた
時期に制定された」と現行憲法の無効を
主張するとともに、皇室典範についても
「国民を主人とし天皇を家来とする不敬
不遜の極み」「国民主権という傲慢な
思想を直ちに放棄」すべきことを主張

 

なお、石原慎太郎東京都知事(当時)の主導に
よる、東京都の尖閣諸島購入に賛成して、
国による購入には反対しましたよ~

 

疑惑?

つい先日(2017年5月18日)公金横領の疑いで
アントニオ猪木氏により、2014年(平成26年)
12月12日に、告訴されていた事が明らかに
なりましたよ~

 

内容としては、
野田数氏がアントニオ猪木氏の政策秘書を
務めていた2013年(平成25年)10月から
10か月の間に、繰り返し無断で現金を
引き出していたとのことです

 

具体的には、国会議員に支給される
「文書通信交通滞在費」などを管理
している事務所の複数の銀行口座から
総額は1120万円に上る金額を無断で
引き出していたとされ、猪木氏が
野田数氏を告訴していた事を公表

 

上記に対して、野田数氏は代理人弁護士を
通じて「現金は全て猪木氏の指示に基づき、
猪木氏のため正当な使途に使用しており、
私的に流用した事実はない」などコメント

 

さらに、「猪木氏が記者会見で述べた事実
並びに猪木氏が告訴した事実は、全くの
事実無根」としたうえで、猪木氏等に対し
名誉棄損による刑事告訴や損害賠償を求める
訴えを起こす予定であると主張しています

 

ちなみに、2017年5月22日に発売された雑誌
「週刊ポスト」の2017年6月2日号において、
深夜に六本木の高級クラブを渡り歩き、豪遊
している様子が写真付きで報じられました

 

週刊ポストによると、複数のクラブをハシゴ
した他、大量のチップをショーパブの女性
従業員に振る舞っていたことも明らかに

 

なお、野田数氏の代理人弁護士からは、
クラブの料金については、「野田本人の
ポケットマネーで支払われている」
コメントされていますが、信じられるかと
言われたら・・・ですね~(笑)

 

最後ののまとめ

・名前の読み方は「数(かずき)」

・年齢は「43才(2017年7月4日)」

・出身地は「東京都東村山市」

・出身大学は「早稲田大学教育学部」卒業

・都民ファーストの会代表を再度務める

 

以上、都民ファーストの会代表の
野田数氏について、紹介しました♪
(*^-^*)

 

最後まで読んで頂きありがとうございます☆

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ