ScreenXやっている映画館(東京)はどこ?感想からベストポジションを算出するよ!

この記事は5分で読めます




Sponsored Link


※この記事では、日本初上陸した「ScreenX
(スクリーン・エックス)」とは何か、値段や
感想と、映画館(東京)のベストポジションの
座席について紹介しています(*^▽^*)

 

ついに、日本に、上陸しましたね~

 

「ScreenX(スクリーン・エックス)」が!

 

少し前まで、ScreenXの存在を知らなかった
のですが、知り合いから「ScreenX」で一度
観たいよね~と言われ、何のことか全然
分かりませんでした(笑)

 

「ScreenX」とは何なのか調べたら、
新次元の3面マルチ上映システムで、
映画が観れることが判明しましたよ~

 

色々と調べていると、2017年7月1日から、
東京にある映画館で上映がされていました

 

実際に3面マルチ上映だと、どの座席に
座るのが、ベストポジションなのか
気になりますよね~

 

あと、値段も高そうな感じがしましね~w

 

なので、自分が観る時の為にも、同じく、
映画館でScreenX(スクリーン・エックス)で
観たい方の為に、東京にある映画館の場所や
値段や、ベストポジションの座席と、実際に
観て体験した人の感想等も合わせて紹介を
しますよ~(*^-^*)

Sponsored Link


ScreenX(スクリーン・エックス)とは?

ScreenX(スクリーン・エックス)とは何か
ざっくりと説明すると、
「新次元の3面マルチ上映システム」で、
次世代型映画上映システムとして
世界的に注目を集めていますよ~

 

正面のスクリーンに加えて、両側面
(壁面)にも映像が投影され、270度の
視界全てで映画の鑑賞が可能です

 

そのため、映画の世界に自分の感覚が
没入していくような臨場感を体験して
楽しめますよ~

 

また、ScreenXで上映される映画は、場面に
より正面のみで映像が投影されるシーンと、
両側面に映像が投影されるシーンがあります

 

なお、左右に広がる画面は映画の場面に
さらなる抑揚と臨場感をもたらす効果を
生み出しますよ~

 

そのため、映画自体の持つポテンシャルを
最大限に表現することを可能にしてます!

 

ScreenXの見どころとしては、

◆左右に広がるワイドスクリーン◆

270°の規格外の画面スクリーンが生み出す
圧倒的な雄大さが新しい映画基準を創出!

 

◆究極の臨場感◆

映画の中に入り、劇中のシーンを目の前で
目撃して、映画の中の出来事を自分が体験
しているような、今までにない臨場感を体験!

 

◆パーフェクトな没入感◆

既存のスクリーンを越える表現の拡張で、
ScreenXでしか観られない3面スクリーンの
クリエイティブで、より豊かなストーリーと
圧倒的な没入感を体感できる!

 

ScreenXの解説映像は↓コチラからご覧に
なれますので、どんなものか確認してみて
くださいね~

 

ScreenX(スクリーン・エックス)の値段は?

誰もが一番?気になる「ScreenX」の料金、
お値段はいくらかと言うと・・・

 

「通常鑑賞料金」に「+700円」でした♪

 

思っていたより、そんなに高くはないですね

 

また、各種サービスデーの時は、
「サービスデー料金」+「700円」で
ScreenXで観ることが可能ですよ~

 

なお、3面スクリーンで上映されるのは、
本編上映中の約30分で、最も効果的な
シーンで、楽しむことができます♪

 

「ScreenX」の3面上映の新たな映画体験
デモ映像は↓コチラからYouTubeで動画が
ご覧になれますよ~

⇒3面上映の新たな映画体験「ScreenX」デモ映像

 

映画館(東京)の場所のアクセスは?

ScreenXは、全世界の119の映画館で
対応していますよ~

 

ScreenXが対応している国と数は、
以下の通りです

 

・韓国:84館
・中国:26館
・アメリカ:3館
・トルコ:2館
・ベトナム:2館
・インドネシア:1館
・タイ1館

 

そして、東京(お台場)が120箇所目です

 

勝手なイメージでは、アメリカが一番に
上映している館が多いと思っていましたが、
韓国と中国だけで110館も占めていますね~

 

2015~2016年の間に16本の映画がScreenXで
上映され、2017年以降はハリウッド、韓国、
中国映画を併せて、20本の対応作品が上映
予定されていますよ~

 

なお、日本国内で最初に導入されるのは、
ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場
の13スクリーン(175席)で、13スクリーンで
上映されるのは、はScreenX対応作品のみ

 

ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場
の住所と地図(Google)は↓コチラです

住所:東京都港区台場1-7-1
   アクアシティお台場内

 

地図(Google Map)

 

ベストポジションの座席と感想は?

ScreenXで映画を観る際に気になるのが、
やっぱりベストポジションの座席で
映画を堪能してみたいですよね~

 

実際にScreenXで映画を観た方の感想を
含め、以下にベストポジションの座席を
紹介します

 

ベストポジションは「中段やや後方の席」

 

特に、中段6列目より後方、かつ中央席が
オススメ

 

また、座席によっては左右の見え方が異なる
ため、できれば中央正面で観るのがベスト

 

なお、最前座席では、正面スクリーンでしか
視界に入らないため、「ScreenX」の効果を
最大限に享受できたと・・・言い難い

 

そのため、韓国では座席位置によって値段が
違う

 

実際に「ScreenX」で観た人の感想としては、
キョロキョロと左右を観るものではなく、
サイドの映像は「見切る」感じで包まれる

 

そして、タイミングよく広がる映像表現は、
本編の約30分程度

 

上記の事から、インターネット予約で良席を
確保するのが良い・・・と、実際に体験を
した方の感想が多くありましたよ~

 

ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場
では、1週間前からチケットのインターネット
購入が出来るので、スマホから手軽に事前に
予約を利用したいですね~

 

上映されている映画や上映予定の作品は?

現在、上映がされている映画の作品は、
パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊
のみ、2017年7月1日から上映されています

 

YouTubeでも観れる、パイレーツ・オブ・
カリビアン/最後の海賊のScreenX予告編は
↓コチラからご覧になれますよ~

⇒パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊を3面のScreenXで上映(予告編)

 

また、次に予定がされてる「ScreenX」での
上映作品は、2017年9月1日(金)公開予定の
「新感染 ファイナル・エクスプレス」が
決まっています

ソウル発プサン行きの高速鉄道KTX内で
起こった「感染爆発」を描いた作品です

 

時速300km以上というノンストップの状況で
繰り広げられるサバイバルが、臨場感の高い
「ScreenX」で観る事ができるので、これも
楽しみな作品ですね~

 

ScreenX(スクリーン・エックス)のまとめ

・ScreenXは新次元の3面マルチ上映システム

 

・次世代型映画上映システムとして世界的に
 注目を集ている

 

・ScreenXの見どころは、「左右に広がる
 ワイドスクリーン」、「究極の臨場感」、
 「パーフェクトな没入感」

 

・ScreenXの値段は、「通常鑑賞料金」に
 「+700円」

 

・ScreenXは、全世界の119の映画館で上映
 され、日本(東京)は120箇所目

 

・韓国(84館)、中国(26館)、アメリカ(3館)、
 トルコ(2館)、ベトナム(2館)、タイ(1館)、
 インドネシア(1館)で上映されている

 

・日本で上映している映画館は東京のユナイ
 テッド・シネマ アクアシティお台場

 

・座席のベストポジションは、「中段やや
 後方の席」

 

・中段6列目より後方、かつ中央席がお勧め

 

・中央正面で観るのがベスト

 

・日本で上映されている作品は「パイレーツ
 ・オブ・カリビアン/最後の海賊」

 

以上、ScreenX(スクリーン・エックス)とは
何か、値段や映画館(東京)の場所と、座席の
ベストポジションの位置と、感想等について
紹介しました(*^▽^*)

 

最後まで読んで頂きありがとうございます☆

 

※ScreenXの関連記事※
⇒ScreenXとは何?4DXやMX4Dとの違いが1分で分かるように噛み砕いてみた!

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ