モーリー・ロバートソンのカミングアウトは?芸歴やプロフィールを確認!

この記事は2分で読めます

モーリー



Sponsored Link


現在(2016年3月18日)、学歴詐称で活動を自粛している、経営コンサルタントの「ショーン・マクアードル川上氏(ショーンK)」が話題になっていますね~

Σ(・ω・ノ)ノ!

世の中、学歴詐称している人はどのくらいいるのか分かりませんが、ここまで大きく報道されているのは、特に大きな話題がないのかと思ってしまいますよ~(笑)

ショーンKさんがメーンキャスターとして出演をしていた、平日深夜の大型報道番組「ユアタイム~あなたの時間~」も降板しましたが、代わりにメーンキャスターとして出演をする方が注目されています。

その方は、「モーリー・ロバートソン(Morley Robertson)」さんです。

モーリー

モーリー・ロバートソンさんは、日本を中心に活動をしている、米国籍のDJ、ラジオパーソナリティー、芸能人、ミュージシャン、国際ジャーナリストとしてマルチに活躍をし、妻は女優の池田有希子さんです。

img_2073

ちなみにモーリー・ロバートソンさんは、ハーバード大学卒業で、経歴詐称はなさそうですよ~(笑)

今回は、モーリー・ロバートソンさんの経歴や学歴やプロフィールと、ネット上で「カミングアウト」のキーワードが関連していたので、調べてみたいと思います!

Sponsored Link


■モーリー・ロバートソンの経歴は?

スコットランド系アメリカ人の父親と、毎日新聞社記者である日本人の母親の間で出生しています!

また、母の旧姓は蒲田黎子という女性で、富山県高岡市の3分の1を保有したという超お嬢様で、早稲田大学を卒業し、ヴァージニア大学の留学中にトマスロバートソンと結婚し、モーリーロバートソンを出産していますよ~

毎日新聞に記事を連載するほど執筆の能力も兼ね備えており、それがモーリーロバートソンにも遺伝した気がしますね~

モーリー・ロバートソンさんは、生後2ヶ月から幼稚園に通うまではサンフランシスコに在住。

1968年に、父親の仕事の転勤により、広島県広島市の比治山近くに移住。

父親は比治山上の原爆傷害調査委員会で、通称:ABCC(現・放射線影響研究所)に勤務し、原爆患者の研究にあたった医師ですよ~

広島市の幼稚園を経て、小学校5年生まで広島市のインターナショナルスクールに通っています。

■モーリー・ロバートソンのプロフィールや学歴は?

morley_interview

・名前:モーリー・ロバートソン(Morley Robertson)

・年齢:53歳

・生年月日:1963年1月12日

・出生:アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク

◆学歴

・1981年3月:富山県立高岡高等学校卒業。

・1981年4月:東京大学理科一類に入学。

同時に、ハーバード、マサチューセッツ工科、スタンフォード、イェール、バークレー、プリンストンの各大学にも合格しています。

・1981年7月:東京大学は同年7月に中退。

・1981年9月:ハーバード大学へ入学

・1982年:入学当初は電子工学を専攻予定だったが、電子音楽を研究。

・1983年秋:大学を休学し、1986年に復学。

・1988年:美術学部を卒業(視覚環境学を専攻し、電子音楽とビジュアルを組み合わせたアニメーション制作)

■モーリー・ロバートソンのカミングアウト内容は?

「カミングアウト」と聞くと、「同性愛者」と想像してしまいますが、モーリー・ロバートソンさんは妻に女優の池田有希子さんがいます。

あれ?と思ってしまいますが、調べてみると以前に「イアンソープ」さんが同性愛者であることをカミングアウトした件について、「応援する・・・」と発言したことがキッカケみたいですよ~

なお、モーリーロバートソンさんは同性愛者を推奨していると発言をした訳ではなく、応援するとコメントをしている程度でした。

以上、モーリー・ロバートソンさんの経歴や学歴と、プロフィールやカミングアウトについて紹介しました~

最後までお付き合いいただきまして、ありがとうございます!

(*^▽^*)

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. result2015_05-200x300
  2. 16-e1425868826590-253x300
  3. Untitled33-2
  4. image
  5. 69a7e72e3a34dd4f358d40b940d88edf20160319142432161_262_262
  6. 2356d483414c-4dee-44e1-a4ab-f30e205ecc63_m
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。